エレガントな時計ベルト

カテゴリ

CALENDAR

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ARTICLE LIST

2017年09月19日
エレガントな時計ベルトを更新。
2017年09月19日
時計ベルトは蒸れやすいを更新。
2017年09月19日
アクセサリーとしての腕時計を更新。
2017年09月19日
印象がガラリと変わる時計ベルトを更新。

時計のベルトの印象でその人の印象も決まる

時計にはいろいろな種類があります。またその時計についているベルトもいろいろなものがあります。時計販売店に行くとペア時計というのも売られていますが、そのベルトを見てみると、女性は細身のベルト、男性は太めのベルトがついていることがあります。そのベルトは男性らしさ、女性らしさを出すためのベルトなのですが、実はそのベルトだけでその人の印象が決まってしまうことがあるのですね。
女性の腕というのは男性に比べて細身です。そのために少し華奢なベルトをつけるとエレガントに見せることができます。自分の手首のくびれを更に細く演出することが出来るからですね。逆に少し太めのをつけてみると、元気がいい、アクティブであるという印象を出すことが出来るのですね。
服装によって時計を選んだりすることもあるでしょう。その時には、時計のベルトの太さも注意して選ぶべきなのです。例えば華奢な服装、女性らしい服装の時に太めのベルトはあまり似あいません。反対にパンツスタイル、特にジーンズを着ている。またスポーツウェアを着用しているときなどは、太めのベルトでもかっこいいですね。
時計のベルトもTPOに合わせるべきなのです。またその印象でその人の印象が決めることもあるので、慎重に選ぶべきなのです。

時計のベルトはどのくらいに調節すべき?

腕時計を購入した当時、箱を開けて、「さあ、時計をはめるぞ」と思ってはめてみると、「あれ、大きすぎる」なんてことはよくあります。通常、実店舗で購入する際には、その時に時計のベルトを調整してもらえるのでそういうことはありませんが、昨今、ネットショップで買い物をする人も増えていますから、こういったことに陥る人は少なくありません。
では、時計のベルトはどのくらいに調節するべきなのでしょうか。まずは、あまりキツくしないことがベストです。あまりキツくしてしまうと、腕時計をずっとつけているうちに腕が圧迫されて、すごく不快感を覚えると同時に、それがストレスとなってしまいます。それに、夏場はそれをはめていると、ベルトの内側は汗まみれになっていることがよくあるのです。そして、ゆるゆるすぎる人もよくいますが、それもビジネスシーンだと、多少ルーズな印象をもたれることもあります。
ですので、ベストとしては、しっかりとハマった状態から1つ金具をとるくらいのゆとりを持たせてあげると、腕時計の向きをささっと変えることができますし、腕を圧迫しないので、不快感を持つことがありませんので、この感覚を意識して調節すると良いでしょう。

NEW ARTICLE

エレガントな時計ベルト

時計のベルトの印象でその人の印象も決まる 時計にはいろいろな種類があります。またその時計についてい…

MORE...

時計ベルトは蒸れやすい

時計のベルトは消耗品 時計というのは、高価なものもあります。また日常的に使用できるリーズナブルの価…

MORE...

アクセサリーとしての腕時計

金属ベルトでのバックルの種類 メタルバンドの腕時計を利用している人はご存知かもしれませんが、メタル…

MORE...

印象がガラリと変わる時計ベルト

時計の革ベルトを掃除する時の注意点 腕時計は、時計としての機能を利用するだけでなくファッションの一…

MORE...