アクセサリーとしての腕時計

カテゴリ

CALENDAR

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ARTICLE LIST

2017年09月19日
エレガントな時計ベルトを更新。
2017年09月19日
時計ベルトは蒸れやすいを更新。
2017年09月19日
アクセサリーとしての腕時計を更新。
2017年09月19日
印象がガラリと変わる時計ベルトを更新。

金属ベルトでのバックルの種類

メタルバンドの腕時計を利用している人はご存知かもしれませんが、メタルバンドは革ベルトとは違い、様々なタイプのバックルが存在していますよね。バックルというのは、腕時計の時計盤の反対側の金属ベルト結合部分にあるもので、このバックルを操作することでベルトの大きさを変えて腕に着用します。
今回はそんなバックルの種類について書いていきたいと思います。
金属ベルトのバックルの種類にはスライド式やプッシュ式などの種類があり、スライド式は、留め具のところでスライドさせることによってベルトの長さを調節するという仕組みになっており昔の腕時計によく見られたタイプのものです。
そしてプッシュ式ですが、こちらは最近多く利用されているタイプのもので、バックル部分の両サイドにボタンのようなものがあり、それを指で押す事で開くことができる仕組みになっています。このプッシュ式には三つ折りタイプと呼ばれるものが主流で、開いた状態から腕に着用する状態になる時にバックル部分が三つ折りになって長さを調節するというものです。
このようにメタルバンドには様々なタイプのバックルが存在し、それぞれ違う方法でベルトの長さを調節するためそれぞれ調節する方法を覚える必要があります。

時計ベルトの素材は多いけど

お気に入りの時計のベルトが壊れてしまった、直せないものかと頑張ってみたけど無理のようだ。では新しい物を買おうとなった時に、どの素材のものにするか少々悩む人もいるでしょう。勿論元のベルトと同じ素材の物をつけるのが面倒ありませんし、違和感も少なく済みます。でもちょっと気分を変えるためにも、ベルトの素材を変更したくなることもありますね。勿論時計自体の形態によっては、使える素材のベルトも限られてしまうのは仕方のないことです。
代表的な素材には勿論、皮があります。腕に馴染みやすく丈夫で、身体と一緒に呼吸してくれるような皮は、使い込めば込むほどに身体の一部にもなっていってくれます。また金属製の物も、特に男性には変わらない人気があります。サイズの調整などはいささか面倒ですが、耐久性はぴか一です。しかも高級感も演出できますので、代表的なベルトの一つです。そしてラバー製の物も、近頃では主流になってきました。水や汗に強く、耐水性のある時計には欠かせないベルトの素材です。蒸れやすいのがちょっと残念と言う事でしょうか。
他にも人工レザーの物など多彩にな素材のベルトが販売されています。ベルトを付け替えての、ブレスレット的なお洒落もまた楽しみの一つではないでしょうか。

NEW ARTICLE

エレガントな時計ベルト

時計のベルトの印象でその人の印象も決まる 時計にはいろいろな種類があります。またその時計についてい…

MORE...

時計ベルトは蒸れやすい

時計のベルトは消耗品 時計というのは、高価なものもあります。また日常的に使用できるリーズナブルの価…

MORE...

アクセサリーとしての腕時計

金属ベルトでのバックルの種類 メタルバンドの腕時計を利用している人はご存知かもしれませんが、メタル…

MORE...

印象がガラリと変わる時計ベルト

時計の革ベルトを掃除する時の注意点 腕時計は、時計としての機能を利用するだけでなくファッションの一…

MORE...